活字ばなれが進む理由か

ここ数年の急速な普及によって、現代の私たちの生活に欠かすことのできないものとなりつつあるスマートフォンやタブレット端末。これらのガジェットは現代のIT、家電(携帯)の主流となっていると考えて差し支えありません。実際のところ、大手家電量販店を訪れてみても、IT、家電(携帯)コーナーにはスマートフォンやタブレット端末がずらりと並び、その人気の高さを物語っているのです。 現代のIT、家電(携帯)の中心的存在であるスマートフォンやタブレット端末は専用のアプリケーションが多数存在しており、アプリケーションを導入することで様々な便利な機能を利用できるようになります。 アプリケーションにはビジネスツールや地図、ゲームなど様々なタイプのものがありますが、中でも書籍業界に最も大きなインパクトを与えたものとして、電子書籍アプリケーションを挙げることができます。 電子書籍とは、スマートフォンやタブレット端末といったIT、家電(携帯)ガジェットで閲覧することができるデータ化された本のことであり、新しい書籍のスタイルとして世界中で急速に普及しているのです。 近年では、若年層を中心に活字離れが進んでいるとよくメディアなどで叫ばれていますが、電子書籍のこれからのますますの普及によって、今後ますます活字離れが進むことが考えられます。 電子書籍はインターネットを経由してマーケットにアクセスして、書籍のデータをダウンロード購入し、端末に書籍データを保存する形式となっています。 書籍はデータとしてIT、家電(携帯)ガジェット本体に記録されますので、紙媒体の本のように置き場所や管理方法で頭を悩ませることがないのです。 また、デジタルデータですので劣化の心配がないことや、ダウンロード購入ができるので、本が読みたくなった時にその場ですぐに購入できるというメリットも挙げることができます。 さらには、著作権が切れた文学作品や人気書籍のお試し版などを無料でダウンロードできるという点も人気の秘密となっているのです。

本が活字文化を育んでいた

かつては、本が日本人の活字文化をはぐくんでいたとされますが、時代の変化とともにこうしたものの存在意義について見直されるようになってきています。特に、最近では電子書籍などを好んでいる若者が増えてきており・・・ → 続き