街の書店が知らぬまに

街の書店が知らぬまに消えていたということが多々あるはずです。これには、IT、家電(携帯)の発達が関係しています。電子書籍がとても台頭してきているためです。 電子書籍とは、スマートフォンや携帯電話、タブレットなどの画面上で読むことが出来るものです。印刷された本を購入するよりも、比較的、安い価格で購入することが出来ることが多いですし、何冊も本を持ち歩かなくても、スマートフォンやタブレットだけで様々な本を読むことが出来るというメリットがあります。家に本を置いておくスペースを用意する必要もありません。そのため、街の書店で本を購入する人が減ってきてしまっているのです。IT、家電(携帯)の発達により、電子書籍はとても読みやすくなっていますし、文字の大きさも変えることが出来るので、若い人だけでなく年を重ねた人たちにも好評です。 このような事情から、街の書店が知らぬまに消えていたということが多くなってきています。