電子書籍の登場が大きな要因

活字離れは言われ始めたからもうずいぶん経っていますし、一体いつから活字離れが起こっているのか本当のところはよくわかりません。しかし最近書籍や雑誌の売り上げが少なくなっているのは確かです。特に漫画や漫画雑誌を含めても出版全体がすくななっているは大きな変化と言えるでしょう。この変化に大きな影響を与えているものの一つにIT、家電(携帯)に広く普及している電子書籍があります。元々本を読むのに一々パソコンを立ち上げるのは面倒だし、机に向かってでないと本が読めないのは不便だと言う意見があったのですが、IT、家電(携帯)に広く普及することで、大きく状況が変わりました。本を買うと言っても紙の書籍とは違って、本を読む権利を買うと言う感覚で、基本的にレンタルのような感覚になるが大きなポイントでダウンロードされるデータが重要なのではないことがポイントです。つまりIDとパスワードでアクセスしてそのつど電子書籍をダウンロードして読んでもいいわけです。実際に何間の拍子にパソコン内のデータが壊れても、本を読む権利は残っているので新たにダウンロードすればいい方が安全です。パソコンの買い替えでデータの移し替えを考える必要もなく、他のデバイス例えば他のIT、家電(携帯)でも利用可能になります。もちろん物理的な場所も取りません。こういう電子書籍の登場はIT、家電(携帯)に画期的なあたらしい時代を作ったと言えます。また当初予想されていた流通コストの低減も最近になって無料書籍や部分的な立ち読み版の提供などによって目に見えて還元され始めています。特に電子書籍の雑誌はかなり多くが無料で提供され始めていて、紙の書籍の売り上げに大きなライバルとなっていると言えるでしょう。これは元々広告収入が本そのものの売り上げよりも大きな収入となっていた雑誌の収支からすれば、無料で提供してもたくさんダウンロードされる方が利益に繋がるからで、自然なことと言えます。

本棚がいらないから便利

IT、家電(携帯)へ行くと、たくさんのスマートフォンやタブレットが並んでいます。これらの画面解像度は年々進化していって、文字や画像が見やすくなっています。そのため、電子書籍を・・・ → 続き